【外壁職人 一日の流れ紹介】

ガイズカンパニーでは、様々なセクションがあります。

職人・施工管理・配送・発注・積算・経理・総務など、それぞれが自分の仕事をこなし、支え合うことでガイズカンパニーが成り立っています。

その中でも今回は、「外壁職人」がどんな仕事をしているのか、詳しくご紹介していきたいと思います。

8:00・・・現場到着

前日との現場状況が変わっていないか、危険ポイントがないかなどを確認し、作業員に周知します。
その日の作業内容にあった道具を車から降ろし、行う作業について作業員全員で目標や仕事の割り振りを話し合います。

8:15・・・施工開始

資材などの梱包をほどいて作業台に設置します。
サイディングは外壁に貼っていく仕事なので、採寸し切断して貼っていきます。

10:00・・・午前の休憩

これまでの作業に不具合がないか話し合います。
そして熱中症に気を付けて、しっかりと水分補給をとります。

10:30・・・施工作業

再び作業を開始です。

12:00・・・お昼休憩

お昼を30分ほどで食べ、残りの時間は昼寝をしたりします。
手作り弁当やコンビニ弁当を食べたり、近所のごはん屋さんへ行ったりします!

13:00・・・ 午後の作業開始

現場の進み具合によって他の現場に移動し、残り施工を行うこともあります。

15:00・・・午後の休憩

再度水分補給をとります。
明日の現場についての打ち合わせを施工管理の方々とします。

15:30・・・施工作業

この時間になると1日の作業の終わりが見えてくるので、明日に備えた作業に変更したりする場合もあります。

18:00・・・作業終了

明日の作業を考えて段取りをし、現場周りの掃除をして雨養生をします。

最後に今日の仕事の進み具合を施工管理に報告します。これで今日の仕事は終わりです。今日も1日お疲れ様でした!

【外壁職人1日の流れ紹介】は以上になります。

次回もお楽しみに!!

コメントは利用できません。

ヒーローになりたい人 今すぐクリック!

求人採用/リクルート